風 景Scenery

1年を通して、ぶどうの作業に休みはありません。
移り行く季節の中で、私たちはぶどうに寄り添い、お世話をしています。
ぶどうの在る風景をごらんください。

うさぎの赤ちゃん
速く走れないので、つかまっちゃいました。
ぶどう園には、草を生やしています、
そこへご飯を食べに来たのでしょう
見つかってしまいました。

  • 時々変な形のつぶがあります。

  • 立ち仕事は、疲れます。
    座って適粒作業を行います。
    ぶどう園内のスーパーカー

  • 座って作業すれば、らくちんです!当園スタッフ、粒抜き作業中です

  • ぶどうが1列できっちり並びます。 収穫間近の「いずにしき」 太陽の光を浴びて、色づきが進みます

  • 3月

    これから、芽が出てきます。
    ビニールハウスの中は、春を通り越して夏の気温です。

  • 4月

    ぶどうの芽より先に、草が伸びてきてしまいました。
    草刈りしてきれいさっぱり!

  • 5月
  • 3月

    ぶどうの涙
    剪定跡から水がこぼれます。
    ミネラルたっぷりの化粧水になるそうです。

  • 5月

    トウモロコシの様な、ぶどうの花 温かくなってきて、やっと芽が出てきました、すくすく育って、ぶどうの花も大きくなってきました。

  • 6月

    巨峰の種を入れる技術は、職人技です。

  • 5月

    葉水が出ると、細胞分裂が盛ん 早朝のぶどう園見回り、朝日を浴びた葉っぱがまぶしい!

  • 5月

    最低限の消毒します。葉に肥料もあげます。
    防除!

  • 10月

    イベント用カップ販売 いっぱい作りました。1粒だけマイハートが入ってます。シャインマスカットカップに入れると、食べ歩きができます。イベントでは大人気♪

  • 安全な物をお届けするために

    すべてのぶどう園に、ビニールが張ってあります。
    ぶどうの葉や実に直接雨がかからないようにすることで、病気を防ぐことができ、農薬を使う回数を減らせます。

  • 6月

    梅雨の貴重な晴れ間、ぶどうもすくすく成長中
    たわわに実った、巨峰

  • 7月

    スプリンクラーで水分補給中

  • 7月

    ぼんやり色づきはじめました。

  • 8月

    色づきが進むぶどうたち

  • 8月

    巨峰収穫中

  • 7月

    鳥さんに食べられる前に、急いで袋かけ。
    最後の作業、袋かけ一気にかけますよ。

  • 9月

    ずらりと、シャインマスカットが並びました。
    整列! 緑!

  • 9月

    ずらりと、シャインクイーンニーナが並びました。
    整列! 赤!

  • 9月

    ずらりと、伊豆錦が並びました。
    整列! 黒!

  • ぶどう園は耕しません。
    ミミズが耕してくれています。見えない微生物が、私の代わりに畑を作ってくれています。
    ぶどう園の土は、小さな生き物たちが作ってくれます。
    私は、ちょっと手助けするだけです。

  • 木漏れ日

  • 2月

    真っ白なぶどう園 昨日雪が降りました。

  • 2月

    雪が降るのは、珍しい思わず朝から、写真撮影。
    銀世界 茨城では年に1.2度積もります。

  • 2月

    ビニールハウスの上にも雪。
    たくさん積もりそうなときには、雪かきが必要です。

  • 5月

    ぶどうの花 花びらはありません。甘い香りだけが、開花を知らせてくれます。
    よ~くみてください。

  • 5月

    デラウエアが開花しました。
    ビニールハウの中は、甘い香りでいっぱい。

  • 6月

    マジ怖い顔 ( ;゚Д゚)怖ァ…
    真剣な顔もしますよ ごくまれに、、、、汗

  • 6月
  • 6月
  • 6月
  • 6月

    摘粒作業皆さん頑張ってくれています! この作業でぶどうの形が決まるので、皆さん真剣に作業しています
    梅雨時のわずかな晴れ間にパシャリ! 皆さん真剣に作業中

    6月

    鈴なりです。一瞬の風景 この後適正量に房を落とします。
    デラウエアならではの、この風景。

  • 7月

    袋がけが終われば、収穫までサヨウナラ~
    光を浴びて、すくすく成長します。

  • 7月

    色づきが始まった、デラウエア
    鳥に食べられる前に、袋かけ。

  • 9月

    どうだ!!!
    PR写真恥ずかしい 汗
    雄宝 我が家で一番大きい品種

  • 9月

    伊豆錦まもなく収穫。
    硬い果肉に、あふれる果汁 伊豆錦! 食べてみて!

  • 4月

    つるが伸びていく方向を、決めてあげます。
    誘引作業中

  • 5月

    種無しにする為の大事な作業。
    ジベレリン処理中

  • 7月

    ぶどうも色づいてきました。
    房全体に色が出るのはなく、粒単位に色づきが始まります。

  • 4月

    枝の管理がぶどうのこれからを左右します。
    巻きひげ切り

  • 4月

    外は春の陽気ですが、ビニールハウスの中は、真夏の気温


  • ACCESS